• このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • Top > 肩こりと脳 > 肩こりの原因

    肩こりと脳

    肩こりが脳の活動を阻害し、集中力や情緒不安定、症状が悪化により、意識の混濁などの重篤な症状に進展する場合もあります。肩こりと脳の状態・病気などの関係を紹介。

    肩こりの原因

    肩こりの原因は、まずその人の姿勢による場合が多く、姿勢の悪さが脊椎や骨格の歪みに繋がるだけではなく、眼精疲労まで関係してきます。そのために肩こりになって、その肩こりが脳にまで影響するケースも少なくないと言えます。

    また加齢によるホルモンバランスの変化が起因する場合もあります。特に女性の場合、更年期を迎えると、ホルモン分泌に以上が生じ、それによって血行障害などの循環器系の障害、それらに伴って内臓疾患なども引き起こされ、その一症状として肩こりがひどくなり、肩こりが脳の活動を阻害し、集中力や情緒不安定、更に症状が悪化すれば、意識の混濁などの重篤な症状に進展する場合もあります。

    更に循環器系の障害では、脳溢血などの前兆として肩こりが起こる場合もあり、肩こりと脳の病気は、少なからず関係があると言えます。