このカテゴリーをはてなブックマークする  このカテゴリーをクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録   FC2ブックマーク  

子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)とは、子宮内膜が子宮外で増殖する疾患です。生理痛や生理不順などにもなり、腹痛や下痢腰痛などの症状もあわられます。また子宮内膜症になると不妊にもつながります。子宮内膜症の予防や改善方法などを解説

子宮内膜症と合併症

子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)とは、子宮内膜が子宮外で増殖する疾患です。子宮内膜症の症状は、なんらかの原因で子宮筋層内、卵巣、卵管、小腸、直腸、膀胱などに発生し、月経のたびに出血をくり返す症状がみられます。また、腰痛、腹痛、下痢などを伴います。
子宮内膜症の20~70%の割合で不妊症を合併すると言われています。


初期の段階ではそれほど、症状がみられないですが、時間が経つにつれ、生理痛・腹痛・腰痛がひどくなります。

子宮内膜症の原因

子宮内膜症の原因はまだはっきりとしていないのが現状です。
いくつかの説としては、月経時に剥離した子宮内膜組織が、膣の外に排泄されず卵管を逆流してりすることで骨盤内のどこかに付着し、子宮内膜症を起こすのではないかと言われています。また、食生活やストレス、環境なども影響していると言われています。


原因がはっきりとしていないため、子宮内膜症の予防としてはまだはっきりとした予防法があるとは言えないのが現状です。生活習慣によるホルモンバランスの乱れなどが原因としても考えられるため、食生活の改善やストレス緩和、血行をよくするなどが予防法として考えられます。


喫煙習慣により、子宮筋収縮に対する喫煙の影響や、喫煙により動脈硬化を促進させ、血管を収縮させると言われていますので、子宮内膜症の予防法としては喫煙は控えた方が良いでしょう。


子宮内膜症は、不妊症につながる可能性がありますので、婦人科で定期的に検査をすることが早期解決となります。

子宮内膜症とフラバンジェノール

子宮内膜症の治療・改善としてピクノジェノールを活用することもあります。
ピクノジェノールとはフランス海岸松樹皮から摂れる抽出物です。ピクノジェノールは商品名であるため、フラバンジェノールとも呼ばれて、薬や化粧品、サプリメントなどに配合されています。


ピクノジェノールには天然植物抽出物で、フラボノイド(flavonoid)の含有量が多く含まれています。フラボノイドは抗酸化力をもちます。


そのため、ピクノジェノールは強力な抗酸化作用を持つと言われており、その効果はビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍と言われています。ピクノジェノールは血液の流れをよくすると言われています。化粧品や健康面の分野では美容。アンチエイジングにも活用されている成分です。


ピクノジェノールは日本でも不妊治療や子宮内膜症後労、生理痛などの改善に活用されています。生理痛がひどい場合や生理不順の場合には、ピクノジェノールが配合されたサプリメントなどを摂取すると良いかもしれません。ピクノジェノールにより、子宮内膜症によって引き起こされる腰痛や肩こり、生理痛、月経困難症の改善なども期待できます。
血液の流れをよくするためにも、抗酸化作用の強いピクノジェノールを活用することも、子宮内膜症の改善の一つになるかもしれません。