• このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • Top > 子宮内膜症の予防 > 子宮内膜症とフラバンジェノール

    子宮内膜症の予防

    子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)とは、子宮内膜が子宮外で増殖する疾患です。生理痛や生理不順などにもなり、腹痛や下痢腰痛などの症状もあわられます。また子宮内膜症になると不妊にもつながります。子宮内膜症の予防や改善方法などを解説

    子宮内膜症とフラバンジェノール

    子宮内膜症の治療・改善としてピクノジェノールを活用することもあります。
    ピクノジェノールとはフランス海岸松樹皮から摂れる抽出物です。ピクノジェノールは商品名であるため、フラバンジェノールとも呼ばれて、薬や化粧品、サプリメントなどに配合されています。


    ピクノジェノールには天然植物抽出物で、フラボノイド(flavonoid)の含有量が多く含まれています。フラボノイドは抗酸化力をもちます。


    そのため、ピクノジェノールは強力な抗酸化作用を持つと言われており、その効果はビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍と言われています。ピクノジェノールは血液の流れをよくすると言われています。化粧品や健康面の分野では美容。アンチエイジングにも活用されている成分です。


    ピクノジェノールは日本でも不妊治療や子宮内膜症後労、生理痛などの改善に活用されています。生理痛がひどい場合や生理不順の場合には、ピクノジェノールが配合されたサプリメントなどを摂取すると良いかもしれません。ピクノジェノールにより、子宮内膜症によって引き起こされる腰痛や肩こり、生理痛、月経困難症の改善なども期待できます。
    血液の流れをよくするためにも、抗酸化作用の強いピクノジェノールを活用することも、子宮内膜症の改善の一つになるかもしれません。