• このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • Top > 子宮内膜症の予防 > 子宮内膜症の原因

    子宮内膜症の予防

    子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)とは、子宮内膜が子宮外で増殖する疾患です。生理痛や生理不順などにもなり、腹痛や下痢腰痛などの症状もあわられます。また子宮内膜症になると不妊にもつながります。子宮内膜症の予防や改善方法などを解説

    子宮内膜症の原因

    子宮内膜症の原因はまだはっきりとしていないのが現状です。
    いくつかの説としては、月経時に剥離した子宮内膜組織が、膣の外に排泄されず卵管を逆流してりすることで骨盤内のどこかに付着し、子宮内膜症を起こすのではないかと言われています。また、食生活やストレス、環境なども影響していると言われています。


    原因がはっきりとしていないため、子宮内膜症の予防としてはまだはっきりとした予防法があるとは言えないのが現状です。生活習慣によるホルモンバランスの乱れなどが原因としても考えられるため、食生活の改善やストレス緩和、血行をよくするなどが予防法として考えられます。


    喫煙習慣により、子宮筋収縮に対する喫煙の影響や、喫煙により動脈硬化を促進させ、血管を収縮させると言われていますので、子宮内膜症の予防法としては喫煙は控えた方が良いでしょう。


    子宮内膜症は、不妊症につながる可能性がありますので、婦人科で定期的に検査をすることが早期解決となります。