• このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • Top > 子宮内膜症の予防 > 子宮内膜症と合併症

    子宮内膜症の予防

    子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)とは、子宮内膜が子宮外で増殖する疾患です。生理痛や生理不順などにもなり、腹痛や下痢腰痛などの症状もあわられます。また子宮内膜症になると不妊にもつながります。子宮内膜症の予防や改善方法などを解説

    子宮内膜症と合併症

    子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)とは、子宮内膜が子宮外で増殖する疾患です。子宮内膜症の症状は、なんらかの原因で子宮筋層内、卵巣、卵管、小腸、直腸、膀胱などに発生し、月経のたびに出血をくり返す症状がみられます。また、腰痛、腹痛、下痢などを伴います。
    子宮内膜症の20~70%の割合で不妊症を合併すると言われています。


    初期の段階ではそれほど、症状がみられないですが、時間が経つにつれ、生理痛・腹痛・腰痛がひどくなります。