このカテゴリーをはてなブックマークする  このカテゴリーをクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録   FC2ブックマーク  

肝斑(かんぱん)の治療として使用されるアミノ酸の一種であるトラネキサム酸。トラネキサム酸は皮膚科の処方薬以外にも市販薬の内服薬や化粧品にも配合されています。トラネキサム酸は肝斑やシミの改善・美白効果などに効果があるとされています。肝斑の見極め方やトラネキサム酸の副作用やイオン導入法、シミや肝斑を薄くする化粧品や漢方・治療法などを解説

肝斑(かんぱん)の見極め方

最近美白・メイクアップで有名や藤原美智子さんのCMで有名な肝斑(かんぱん)の化粧品。
肝斑(かんぱん)という言葉は雑誌やテレビでも目にしますが、どこからが肝斑なのでしょうか?

肝斑の見極め方や肝斑の原因・肝斑の改善のための化粧品や漢方などについて紹介します。
肝斑は頬骨周辺にできる、モヤモヤとした色素斑(しみ)の一種です。
境界がはっきりとしており、下顎、上口唇(鼻の下)にもできることがあります。
特に30~50代の女性に多く発生します。

肝斑(かんぱん)の原因

肝斑は紫外線を浴びていなくてもできるシミの一つです。
「シミの原因」と広く認知されているのが、「紫外線」ですが、肝斑は紫外線だけではなく、プロゲステロンなどの女性ホルモンが関与しているため、妊娠やストレス・避妊薬などにより、ホルモンバランスが崩れることで肝斑が悪化します。閉経後には肝斑が薄くなると言われています。

肝斑と男性

肝斑は女性ホルモンが関係しているため、女性だけにできるのシミとみられていますが、男性にもしばしば見受けられます。男性の場合、肝斑の大きさや色合いなどは女性の肝斑よりも症状が軽い傾向にあります。

シミを改善するためには、シミの種類を見分けることが大切になります。
男性の頬などにできる茶色いシミの多くは老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)や老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)と呼ばれるものです。


老人性色素斑は丸くて茶色いもので、日常的に繰り返して浴びた紫外線による影響が大きいと考えられています。


老人性疣贅は加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍で、皮膚の老化現象のひとつとされています。大きさが直径数mm~2cm程度で、肌の表面はざらざらと盛り上がっているのが特徴です。イボのように突出したものもあります。

肝斑の治療法

シミの治療法としては、投薬やレーザー治療がありますが、肝斑の治療法は主にトラネキサム酸やビタミンCが配合された化粧品や漢方が主体となります。
肝斑の治療には、レーザー治療は使用しない方が良いとされています。
肝斑にレーザー治療を行うと、皮膚の色を黒くする働きを持つ色素細胞が活発になるため、シミが黒く目立つ場合があります。また、レーザー治療後に日光の刺激などが加わることで、さらに黒く目立つシミとなる場合があります。

肝斑治療の化粧品

肝斑の改善に効果があるといわれているのが、トラネキサム酸が配合された内服薬になります。皮膚科等にいくと、トラネキサム酸とビタミンCが配合された内服薬を処方されます。トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、月経過多や白血病などによる出血を抑えるために用いられる成分です。また、抗炎症、抗アレルギー作用があるため、蕁麻疹(じんましん)や口内炎や歯茎の炎症・止血などにも使用されます。

トラネキサム酸のイオン導入

しみやにきび、しわの治療法としてイオンの力で有効成分を肌の奥深くに浸透させることで、治療をするイオン導入法があります。
一般的に肌に塗るだけでは、肌の浸透しにくいビタミンCやアミノ酸などを肌の深部まで浸透させます。最近では肝斑の治療としてアミノ酸であるトラネキサム酸をイオン導入法により、肌に浸透させる美容整形外科もあります。

トラネキサム酸の市販薬

トラネキサム酸には副作用は今のところないとされています。
トラネキサム酸が配合されている市販薬や化粧品としては、藤原美智子さんがCMで出演している第一三共ヘルスケアで発売されているトランシーノや資生堂のHAKUなどがあります。

肝斑と漢方

漢方ではシミは血液の滞りが蓄積してできると考えられています。
血液が滞ることで、生理不順や生理痛にもなります。そのため、シミの改善として、血液の流れを良くし、血液の循環をよくすることや、血液が蓄積しにくい身体作りをすることで、シミや肝斑を改善します。

血液の流れをよくするための、処方される漢方としては、以下のようなものがあります。

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)