• このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • Top > トラネキサム酸と肝斑 > 肝斑の治療法

    トラネキサム酸と肝斑

    肝斑(かんぱん)の治療として使用されるアミノ酸の一種であるトラネキサム酸。トラネキサム酸は皮膚科の処方薬以外にも市販薬の内服薬や化粧品にも配合されています。トラネキサム酸は肝斑やシミの改善・美白効果などに効果があるとされています。肝斑の見極め方やトラネキサム酸の副作用やイオン導入法、シミや肝斑を薄くする化粧品や漢方・治療法などを解説

    肝斑の治療法

    シミの治療法としては、投薬やレーザー治療がありますが、肝斑の治療法は主にトラネキサム酸やビタミンCが配合された化粧品や漢方が主体となります。
    肝斑の治療には、レーザー治療は使用しない方が良いとされています。
    肝斑にレーザー治療を行うと、皮膚の色を黒くする働きを持つ色素細胞が活発になるため、シミが黒く目立つ場合があります。また、レーザー治療後に日光の刺激などが加わることで、さらに黒く目立つシミとなる場合があります。