• このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • Top > トラネキサム酸と肝斑 > 肝斑(かんぱん)の原因

    トラネキサム酸と肝斑

    肝斑(かんぱん)の治療として使用されるアミノ酸の一種であるトラネキサム酸。トラネキサム酸は皮膚科の処方薬以外にも市販薬の内服薬や化粧品にも配合されています。トラネキサム酸は肝斑やシミの改善・美白効果などに効果があるとされています。肝斑の見極め方やトラネキサム酸の副作用やイオン導入法、シミや肝斑を薄くする化粧品や漢方・治療法などを解説

    肝斑(かんぱん)の原因

    肝斑は紫外線を浴びていなくてもできるシミの一つです。
    「シミの原因」と広く認知されているのが、「紫外線」ですが、肝斑は紫外線だけではなく、プロゲステロンなどの女性ホルモンが関与しているため、妊娠やストレス・避妊薬などにより、ホルモンバランスが崩れることで肝斑が悪化します。閉経後には肝斑が薄くなると言われています。