• このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • Top > 血液オゾン療法 > オゾンはどのようにして血液を処理するのか?

    血液オゾン療法

    血液がドロドロになることで、代謝が悪くなるため、肌や身体がむくみ、肌荒れにもつながる可能性があります。近年では、医療面以外でも美容やアンチエイジングにおいて、体内の血液循環を活発にさせる血液をオゾンで療法することが注目されています。ここでは血液にオゾンを施すことでの効果について解説

    オゾンはどのようにして血液を処理するのか?

    気体であるオゾンが「どのようにして体内に取り込まれるのか?」、不思議に思われる方も多いことでしょう。オゾンは以下のようにして体内・血液に取り組まれています。


    1.大量自家血液オゾン療法
    体外で血液とオゾンガスを混ぜ、それを再び本人に戻す方法。


    2.皮下注射
    酸素と混合させたオゾンガスを皮下注射をする。


    3.オゾンガス注腸法
    肛門より直腸にオゾンガスを注入する。

    メリット:静脈血管の確保が難しい方に適している(老人や子供など)

    なお、症状に応じてオゾンガス濃度やガス量は異なります。