• このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク  
  • Top > 血液オゾン療法 > 血液オゾン療法の普及

    血液オゾン療法

    血液がドロドロになることで、代謝が悪くなるため、肌や身体がむくみ、肌荒れにもつながる可能性があります。近年では、医療面以外でも美容やアンチエイジングにおいて、体内の血液循環を活発にさせる血液をオゾンで療法することが注目されています。ここでは血液にオゾンを施すことでの効果について解説

    血液オゾン療法の普及

    最近では血液が疲れる、酸性になる、ドロドロになることで、身体が疲れ、ふけると言われています。血液は酸素と栄養を運ぶ重要な役割をしているため、血液の循環が悪くなることで、病気にもつながります。


    医療面以外にも、美容やアンチエイジングにおいても、体内の血液循環を活発にさせることが注目されています。血液がドロドロになることで、代謝が悪くなるため、肌や身体がむくみ、肌荒れにもつながる可能性があります。そこで、血液を循環させることで注目されているのがオゾンを活用したオゾン血液療法になります。


    オゾン療法は日本ではあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、オゾンによる血液洗浄療法は、ドイツで1957年にオゾン発生器が開発されて以来、ヨーロッパでは一般市民にも実践的に行われてきた治療法として普及しています。


    オゾン療法は元々は糖尿病などの血液循環障害に活用された療法です。


    手足の指先に血が循環しなくなり、血によって運ばれる酸素が欠如する病気を抹消血液循環障害といいます。抹消血液循環障害は糖尿病などが原因で生じます。
    ちなみに糖尿病の日本国内の患者数は、この40年間で約3万人から700万人程度にまで膨れ上がってきています。全世界の糖尿病患者数は2006年現在で1億8000万人と言われています。現代を代表する完治しない病気の一つとなっています。


    抹消血液循環障害の状態が続くと、指先に血が通わないため、指先が腐っていきます。
    この状態を壊疽(えそ)と呼びます。壊疽の状態になると、足を切断を余儀なくされます。
    血液を循環させるために、オゾン療法を処置した際には脚の切断を免れた率がドイツでは4割に達したと言われています。