このカテゴリーをはてなブックマークする  このカテゴリーをクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録   FC2ブックマーク  

肩こりの飲み薬として、市販品、医薬品、医薬外品でたくさん発売されています。肩こりの原因は循環器系の血行不良。肩こりも軽視する事が出来ない重篤な病気の予兆である場合もあります。ここでは、肩こりの原因・病気・薬について解説

肩こりの原因・薬

肩こりの飲み薬と言うのがあるらしいですが、飲むだけで肩こりが治れば、こんな楽なことはありません。肩こりの飲み薬と言われているものは、市販品でもいろいろあるようで、医薬品、医薬外品を問わずたくさん発売されています。


肩こりを症状として捉えれば、循環器系の血行不良と言えますが、その根本原因まで遡って調べてみるとさまざま原因が内在されていて、肩こりも軽視する事が出来ない重篤な病気の予兆である場合もあります。したがって市販の飲み薬で肩こりが緩和されても、肩こりから更に頭痛やしびれなどが併発して、進行するような場合は、医療機関での検査が必要と言えます。

血行障害と肩こりの薬

それを前提に肩こりの飲み薬を考えてみると、肩こりの飲み薬と言うより血行障害の改善薬として調べれば、その数は膨大になります。最近の血液サラサラブームにする飲み薬やサプリメントは、肩こり解消の効用を謳っているものです。


古くから肩こりに効くとされている葛根湯のエキスを配合した飲み薬は、 比較的な軽い肩こりでには有効ですが、頑固で辛い肩こりでは、全く効果がありません。と言ってもこの手の和漢生薬は長い間服用しなければ効果が出ずらく、その作用も穏やかな事が特徴ですから、耐えられないほどひどい肩こりの場合は、即効性のある飲み薬しかありません。

肩こりの飲み薬 ミオナール・ロキソニンなど

ではそんなに即効性のある肩こりの飲み薬があるかと言えば、医師の処方をで筋肉・関節の痛み止めとしてロキソニンなどは、ある程度の効果はありますが、夕食後服用して翌朝スッキリする言った程度のものです。


ミオナールなどを処方される場合は、筋肉の痙攣抑制剤として用いられますが、これもそれほどの即効性はありません。ストレスなどに起因する肩こりの飲み薬として、抗うつ薬のトリプタノールやメイラックスが処方される場合もありますが、個人差があって気休め程度でしかありません。


どちらにしても医師の処方の肩こりの飲み薬と言っても、それほどの即効性はなく、対処療法的な効果しかありません。肩こりの飲み薬だけで解消しようとするのには、無理があると言わざるを得ません。

肩こりの飲み薬 ミオナール・ロキソニンなど

ではそんなに即効性のある肩こりの飲み薬があるかと言えば、医師の処方をで筋肉・関節の痛み止めとしてロキソニンなどは、ある程度の効果はありますが、夕食後服用して翌朝スッキリする言った程度のものです。


ミオナールなどを処方される場合は、筋肉の痙攣抑制剤として用いられますが、これもそれほどの即効性はありません。ストレスなどに起因する肩こりの飲み薬として、抗うつ薬のトリプタノールやメイラックスが処方される場合もありますが、個人差があって気休め程度でしかありません。


どちらにしても医師の処方の肩こりの飲み薬と言っても、それほどの即効性はなく、対処療法的な効果しかありません。肩こりの飲み薬だけで解消しようとするのには、無理があると言わざるを得ません。

肩こりとビタミンB,ビタミンE

ビタミンE、Bなどのサプリメントも血行改善と肩こりに良いとされていますが、あくまで補助食品ですから、日頃の食生活を改善して、体調を整える事が重要です。それと同時に筋肉の緊張を解きほぐすためのストレッチングをこまめにやることのほうが、肩こり解消には効き目はあるようです。

肩こりの飲み薬と言っても、直ぐに効くようなものはなく、あったとしても副作用が懸念されます。